挙式をする、しないを決めることから会場選びは始まります!

そもそも結婚式ってするものなのか

結婚が決まると新生活や未来を思い描き、ワクワクしたりドキドキしたりするものです。しかし大人の二人に待ち構えているのは、世間というものでもあります。二人の考えや常識だけで突っ走ることは悪い訳ではないけれど、やはり双方の親や親戚との兼ね合い、勤め先の上司への報告など様々なことに直面することも確かです。結婚の報告の場でもある挙式をするかしないのか、がこれらのことに大きく影響するといっても過言ではありません。なぜならこの挙式で結婚報告という大きな出来事を、多くの人に周知出来るからです。では挙式をしなければ周知してもらえないか、というとそうではなく周囲への伝達が少々時間がかかるなど、タイムラグはよくあることなのです。

挙式を決めた時点で式場選びは始まっている

挙式するかしないのか、を決めた時点で既に会場選びは始まっているのです。それほど挙式には多くの人がこだわりを持つため、人気がある会場をおさえることは至難の業といえます。最近では個性を出したり手作り感のある挙式にしたい、自分たちらしさを大切にしたいなど、従来の挙式のスタイルにこだわらない傾向が見られます。またこだわることにはトコトンこだわる、などメリハリをつけることも従来のスタイルと一線を画しているといえます。特にレストラン結婚式と呼ばれる挙式は、美味しい料理を美味しいレストランでみんなに味わって欲しい、という新郎新婦のこだわりが詰まっていたり、親しい人にアットホームな雰囲気で祝って楽しんで欲しい、との思いが込められている場合がみうけられます。